Logo Search packages:      
Sourcecode: g2ipmsg version File versions  Download package

int ipmsg_send_gratuitous_ans_entry ( const udp_con_t *  con,
const char *  ipaddr,
const int  flags 
)

自発的なIPMSG_ANSENTRYパケットを送出する 不正暗号化電文受信時に, 暗号化能力をキャンセルするのに使用する.

Parameters:
[in] con UDPコネクション情報
[in] flags パケット送信フラグ
Return values:
0 正常終了
-EINVAL 引数異常
-ENOMEM メモリ不足
Note:
IPMSG_ANSENTRYパケットの形式は, 以下のとおり
IPMSG_ANSENTRY パケット形式
  • メッセージ部: ニックネーム (通常時) ニックネーム<空白>'['不在種別']' (不在モード時)
  • 拡張部 : グループ名

Definition at line 2056 of file protocol.c.

References ipmsg_send_ans_entry_common().

                    {
      int rc = 0;

      if ( (con == NULL) || (ipaddr == NULL) )
            return -EINVAL;

      /*  無条件に送りつけるANS_ENTRYなので, flagsは呼び出し側責任で設定する.
       *  これは, 暗号化通信のキャンセルなどで使用する.
       */

      dbg_out("Send gratutous ANS_ENTRY to %s with 0x%08x\n", ipaddr, flags);

      rc = ipmsg_send_ans_entry_common(con, ipaddr, flags);
      if (rc != 0) {
            goto error_out;
      }

      rc = 0; /* 正常終了 */

error_out:
      return rc;
}


Generated by  Doxygen 1.6.0   Back to index